So-net無料ブログ作成

2019年夏 残り梅雨京都旅【久しぶりの銀閣寺へ】 [旅行]

氷菓食べて体冷やしてもなかなか頭痛が抜けないな、と思っていたら熱疲労から来る頭痛ではなく、持病の胆管炎から来た発熱前の頭痛でした[たらーっ(汗)](今回は頭痛と少々の腹部圧迫感だけだったので軽めで良かったです)
夏場は体調崩し易いので多少の不調は想定内(;´∀`)
でもそろそろ8月も終わり。暑さの山場はとっくに越えていると思いますが、今年の残暑は何処まで続くでしょうか。


さて、京都うろちょろ記2日目(7/14)

旅行日程中は3日間ともほぼ雨模様の予報が出ていたのですが、初日はどうにかセーフヽ(・∀・)ノ
2日目は雨なら美術館とか博物館とか中心で廻ろうかなー、とざっくりした予定しか立てていなかったのですが、起きて外を見てみると
銀閣寺1.JPG
あれ…? 曇ってはいるけれど雨降っていないみたいだし、案外天気持ちそうかも??
これなら多少歩き回るルートでも大丈夫そうです。
そうと決まれば何処へ行こうかな、としばし悩んだ挙げ句、久しぶりに銀閣寺へ行く事にしました。
ここなら近くに「白沙山荘 橋本関雪記念館」もあるから、もし途中で雨が降って来てもルート変更もしやすそう(*´ω`*)



続きは ↓ から



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へブログランキング・にほんブログ村へ







今回は山科駅付近に宿泊なので、銀閣寺までは地下鉄東山駅から市バス急行100系統に乗り換えて行きます。
(京都駅付近なら京都駅から市バス、あるいは地下鉄今出川駅から市バスルートを取るのですが、山科駅からではだいぶ遠回りになるので)

去年はちょびっと迷った東山駅付近も、今年は地下鉄出口にあったバス乗り場案内板のお陰で無事に迷わずバス停留所まで到着(;´∀`)

銀閣寺へのアクセスは市バスの場合は「銀閣寺道」で下車とあるのですが、100系統バスの場合はその1つ手前の「銀閣寺前」で降りた方が断然近く便利でした。
(最も「銀閣寺前」のバス停留所には100系統と32系統の市バスしか通らないので、その他の市バスで銀閣寺を目指す場合は「銀閣寺道」で降りて少し歩く必要があります)

バス停から歩いて行くと直に銀閣寺への参道が見えてきます。
銀閣寺2.JPG


銀閣寺に行くのはこれで3回目だったかな?
銀閣寺3.JPG
一番最初は中学の時の修学旅行で。
2回目は確か哲学の道を延々と歩いて行った記憶があるのですが、最後に行ったのは何年前になるのか既に忘却の彼方です[たらーっ(汗)]
少なくとも10年以上前なのは確かなのですが(;´∀`)


銀閣寺に到着
銀閣寺4.JPG

銀閣寺の通称がすっかり定着していますが、正式な名称は「東山慈照寺」ですね。
銀閣寺5.JPG
銀閣寺6.jpg
うーん、入口付近こんなだったかなぁ…[たらーっ(汗)] すっかり記憶から抜け切っています。

ようやく見覚えのある白砂で出来た「向月台(こうげつだい)」
銀閣寺7.jpg

そうそう、銀閣寺はこの風景ですよね。
銀閣寺8.jpg
「銀閣寺」と言われている建物は「観音殿」に当たるそうです。
室町幕府八代将軍の足利義政によって造営されたこの観音殿は、一層部分を心空殿(しんくうでん)、二層部分を潮音閣(ちょうおんかく)という名称が義政により付けられています。

向月台の手前に広がる「銀砂灘(ぎんしゃだん)」ってこんなに広かったっけ??
銀閣寺9.jpg
ホントに昔の記憶あやふや過ぎです[たらーっ(汗)]
銀閣寺10.jpg
まぁお陰で1、2回来た場所でも新鮮な気持ちで見る事が出来るのは良い事なのかもしれません( *´ー`)y─┛~oΟ
(友人が一度行った場所には再び行きたがらない&自分では行き先決めない人だったので、旅行の予定を事前に考えて調べておくのは結構面倒ごとだったのですが、一人旅だとこういう時は気楽で良いです)

そしてこちらが本来の東山慈照寺方丈(本堂)
銀閣寺11.jpg

杉戸絵に鷹?と波飛沫が描かれていましたが、誰の手によるものなのか。
銀閣寺12.jpg
銀閣寺36.jpg
東山慈照寺内で障壁画が確認出来たのはこの鷹と波飛沫だけでしたが、特に絵に対する説明書きもなく普通に使われている扉に描かれてた絵、的な扱いでした。
(方丈内には与謝蕪村と池大雅による襖絵が描かれているそうなのですが、見る事は出来ません。外の杉戸絵も与謝蕪村と池大雅によるものかは不明)

方丈横には国宝の東求堂(とうぐどう)が建っていますが、こちらも内部は非公開なので外観だけ。
銀閣寺13.jpg


それにしても銀閣寺は金閣寺と比べると結構こじんまりした寺院だったような記憶があったのですが、これも全くの記憶違い[たらーっ(汗)] 相当庭広いし、造りも実に綺麗です。
銀閣寺14.jpg


錦鏡池南東端に落ちる滝「洗月泉」
銀閣寺15.jpg

ふと下を見ると投げ込まれた硬貨が沢山
銀閣寺16.jpg
洗月泉の水が注ぎ込んでいる池には鯉もいるのに、水質的にこれはちょっと…[たらーっ(汗)]
よくよく見ると結構韓国の100ウォン硬貨も投げ入れられています。
こういうのは回収しないんでしょうかね。

池越しに見た東求堂
銀閣寺17.jpg

この先もまだ登っていけそうなので先に進んでみる事にしました。
銀閣寺19.jpg
昨夜降った雨のお陰で苔が綺麗(*´ω`*)
銀閣寺18.jpg

しかし気軽に登ってみようと決めたものの、てっぺんまでは思っていた以上に距離があるような…[たらーっ(汗)]
銀閣寺20.jpg
銀閣寺21.jpg
銀閣寺の境内ってこんなに広かったっけ[exclamation&question][あせあせ(飛び散る汗)]

ようやくてっぺんらしいところまで辿り着く手前に古い墓石のような石が三基
銀閣寺22.jpg
何か字が刻まれていましたが、だいぶ風化しているので読み取る事は出来ません。
榊が丁寧に供えられているので何か謂れのあるものなのかと思いましたが、やはりここにも特に説明板のようなものはないのでした。
(後で調べてみましたが、丸い石塔は無縫塔または卵塔と呼ばれる墓石で、僧侶の墓石として建てられる事が多い形状のようです。おそらく東山慈照寺の関係者だった僧侶の墓石なのでしょうが、誰の墓石かなのまでは分かりませんでした)

墓石があった少し上側には「お茶の井」と呼ばれる湧き水がありました。
銀閣寺23.jpg
ここには説明板有り
銀閣寺24.jpg
今でも綺麗な水が涌き出している様ですが、ここにも小銭が投げ込まれているのですよね[たらーっ(汗)]
安易に小銭を投げ入れるのはどうにも悪しき習慣だと思うのは私だけなんでしょうか(>_<)


さて、お茶の井まで登って来たし、後は下ればいいかな?と思っていた私の目に飛び込んで来たのは更なる登り道…Σ(・ω・/)/
銀閣寺25.jpg
ま、まだ上があったんですか[あせあせ(飛び散る汗)]
こうなったら行けるとこまで登ってやるぅーーーヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ


苦労の甲斐あって取り敢えず絶景を眺められましたが、地味にしんどかったです[たらーっ(汗)]
銀閣寺26.JPG
銀閣寺27.jpg
結構拝観者は多いのですが、流石にここまで登ってくる拝観者は少なめです。
多分以前来た時は私も「あんな上まで登るなんて面倒ーー」と登らなかったんでしょうな[たらーっ(汗)]
だって銀閣寺参拝がここまでプチハードだった記憶無いし(;´∀`)


ここから見える右手前の山に被爆アオギリが移植されている、との看板がありました。
銀閣寺28.jpg
赤い印のところに被爆アオギリが植樹されている、とのことですが、肉眼では何かポツンと赤い物があるだけでよく見えません。
銀閣寺29.jpg
今回は83倍ズームレンズ搭載のNikon COOLPIX P900を持って来ていたので、ズームかけて撮影してみると

赤い印って三角コーンだったのね(;´Д`)
銀閣寺30.jpg
調べてみると被爆アオギリは2011年8月15日に植樹されているようです。
三角コーン、完全に空中に浮いている様に見えるのですが、育ったアオギリに持ち上げられてしまったのでしょうか。



さて、ここからは下り
銀閣寺31.jpg
足下がやや石段で不安定なのと雨上がりで滑り易いので、気を付けながら下って行きます。

観音殿の裏手側に出てきました。
銀閣寺32.jpg

二層の潮音閣(ちょうおんかく)をよくよく見てみると、少しだけ彩色されていた様な跡が見えます。
銀閣寺33.jpg
金閣寺は金箔を貼った寺院なのだから、銀閣寺は銀箔だったんだろうと思っていた子供時代。
大人になった今、銀閣寺に実際に銀箔が貼られていた形跡がなかったことは周知しているのですが、あれ?元々の銀閣寺って彩色されていたんだっけ??と謎に思いながら先に進んで行くと

何かグッドタイミング的にこんな再現展示が
銀閣寺34.jpg


室町時代の銀閣寺(観音殿)はこういう色彩をしていたんですね
銀閣寺35.jpg
銀箔を使用していなかったのに何故「銀閣寺」と呼ばれる様になったかは分かりませんでしたが、ここは年齢を重ねれば重ねるほど、その良さが実感できる寺院でした。



にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へブログランキング・にほんブログ村へ




nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 2

middrinn

こーゆー硬貨は寺院側が定期的に回収してないんですかね(@_@;)
説明の掲示が少ないことと三角コーンに通じるものがあるかと^_^;
その後の足利将軍で義満、義政に倣う者が出てたら銅閣寺に(^_^;)
by middrinn (2019-08-26 17:03) 

そらそら

金閣寺はちゃんと回収しているみたいですけれどね(水中じゃなくて石仏様前にある缶に投げられた小銭ですが)
やっぱり水に浸かって全部小銭を回収するのは大変なのでしょうか。
あと三角コーンもアオギリの枝に引っかかっているんだとしたらどけてあげて欲しい…(;´Д`)
middrinn先輩、銅閣寺建ててみません?
by そらそら (2019-08-26 19:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
コメント欄は承認制です。

日々すり減っていく脳細胞の代わりに記録しておく備忘録的なお出掛けetc日記

【注】コメント欄にURLは記載しないで下さい。 スパム防止のため、URLを記載するとコメント記事が消える様になっています。